、ヽ`、ヽ`个c(゚∀゚∩)`ヽ、`ヽ、

2018-12-02
滋賀県大津市のお天気
25日 26日 27日 28日 29日 30日
 ☀   ☀   ☀   ☂   ☀   ☀

(-"-;)どういうことだってばよ…。

2018-11-28
AKIRA FUSE LIVE 2018-2019
WALK

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

年内に関西で生布施明できるところは、
11/28 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
11/29 和歌山県民文化会館
の2県のみ。

Googleマップにお伺いを立てたところ、
琵琶湖なら1時間ちょいで行けるぞ!ってなことだったので、
のんきに構えていたら、

駅から徒歩15分かかるんですけど…。
バスの本数少ない上、帰りないんですけど…。
乗換案内が、めっちゃ乗り換え勧めてくるんすけどw

行く当日になって、ワタヾ(*д*ヾ三ノ*д*)ノワタ

おまけに、
その日だけ雨だしwどうすんのコレw

ワタヾ(*д*ヾ三ノ*д*)ノワタしたものの、
開場1時間前に、びわ湖ホール到着!外は真っ暗!

イタリア人、ロシア人、フランス人やらが絶賛する外は真っ暗!
琵琶湖を一望できる素敵カフェなんでしょうがっ、外は真っ暗!

それでも、
(´・ω・`)となんてしてらんないのです!

おまけ目当てに、
今日まで買わずに我慢してきた
を入手しなければならないんだからね!

勇んで向かったCD・DVD・Blu-rayコーナーでは、

なにやらおじさまが、くるくるB2の大きな紙を丸めていらっしゃる。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工おまけは、クリアファイルではないのですか!?
この雨の日に、セロテープ®貼っただけのポスター渡されても…。

お会計のおばさまは、3人連続お釣りを間違えていらっしゃるw
ので、私はキッチリお財布から7,700円を用意。
しながら、( •᷄ὤ•᷅)高い…密林より2,000円高い。

と、なんか買う気が凄く失せるw

グッズコーナーでは、
パンフを買っても袋に入れてくれない。もちろん、クリアファイルもくれない。
アズナブールん時も袋くれなかったから、くれないのが普通?

(;´д`)トホホ…と座席へ。

なななんと!4階席まであるよ!
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
お手洗いも広くて綺麗だし、外人さんの絶賛がちょっとだけ分かった!
↑たぶん、お手洗いは関係ないw


最前列よりは少ぉし、少ぉぉし後ろでも、
中央より(中央とは言っていない)で、舞台全体が見える(・∀・)イイ!!お席。

普段隠れがちで見えない
キーボードの人や、ベースの人、ドラムの人もチェックできた♪
背景はイマイチだけど、照明効果はいい感じ。

ただ、
VRゴーグルつけてヘッドホンして生布施明楽しめるようになったら最強だな!
と、考えるぐらいには気が散るお席だったw

MCも受けてて、曲中の動きも受けてるw
かと思えば、息を呑む音が聞こえるほど観客が圧倒されてるのが分かる。

布施明凄い!凄い!と言われると、
明の本気は、まだまだこんなもんじゃないぞ!
と言いたくなるんだけど、やっぱ凄いわ布施明wもう笑うしかないw

後半の歌唱なんて、尋常じゃない!
VRゴーグルのことなんか完全に忘れてしまって┣¨キ(∗╹ω╹∗)┣¨キ
圧倒的歌唱力に、文字通り圧倒される!

実は私、
ある一曲だけを聞きに来た。歌うかどうかも分からずにw

結論から申し上げますと、
愛を歌わせたら右に出る者がいない布施明、健在!
期待を裏切らない重さ。

いや!期待以上の真心歌唱!
重くって暑苦しくってクドいむせ返るような愛!愛!愛!
ある一曲以外も、あれもこれも、ああウザいw

滋賀まで来た甲斐があったってなもんじゃない!
愛を歌う布施明スゲェーd(≧∀≦)bサイコー!

お着替え時間のバンド演奏は、
超カッケー!ので、お手洗い休憩にしちゃ勿体ないですぞ!

もちろん、
お手洗いを我慢してはいけませんので、とっとと行ってとっとと席に戻りましょう!
ホンマにカッケーから!マジで聞き逃すことないように!

4ヶ月ぶりの布施明は、
ハンサム度3割増!
目張りが入ってるように見えたぐらいw男前。

そのハンサム明の恐らく等身大パネルがあるとは、
Twitterで知ってたのにすっかり忘れてて知らなかった私に

母:一緒に撮ってあげようかwニヤ(・∀・)ニヤ

いえ結構です。



↓コメントへのお礼

きりちゃんさんへ
涙の話は、布施明が照れ隠しで言っているのかもしれませんね。
本人がそう仰るなら、私は話に乗っかってイジってやりたくなりますw
レコード大賞も遥か昔…今の布施明に、功労賞じゃなくて、なんかクレщ(゚д゚щ)


shaiさんへ
レコード大賞、緊張感ありましたか!
見ながら胃が痛くなりそうです。(>_<)結果は知っていますがw
万博からでもいいんで、なんかクレщ(゚д゚щ)
2018-11-04きりちゃんさんへ
宗次…なかったですねorz
いつ有給申請を出そうかとドキ(°_°;)ドキしてましたが、意味ありませんでしたw
ももいろ歌合戦ですね。呼んでくれないかなぁ。←どこでもいいから呼んでほしいだけw
ディナーショー楽しんできてください♪((ヾ(´▽`)ノ))
2018-11-25きりちゃんさんへ
私自身が、どこまで布施明濃度を維持できるか分りませんが、
テキトーにサボりつつ細く長ぁぁぁぁぁくっ!
一日一回、布施明について考えたいと思いますw
メールへのお礼
ディナーショー“だけ”のようでorz全国のいいホールをもっと回ってほしいです!
YouTube見ていませんが、歌謡界No.1カサノヴァが歌うんなら、成城婦人も納得ですw
千秋楽だからって特になにもないかもしれませんがwぜひ!
沢山投票いただけました♪私は、2小節見つけてないので、ホォ(゚0゚*)って感じです。
訃報続きますね。ナベプロのお姉様方は、バリバリお元気でなによりですw

コメント

レポありがとう^ ^

雨男とか晴れ女とかいうのはお遊びのうちの一つとは思っていますが、布施さんて⁇
この前の中野サンプラザの時もコンサート始まったらすごい土砂降りになったようだし。そう言えば、私が十数年ぶりに布施コンに行った日は、晴れなら予定があって行けないけど、雨なら予定中止になるから行けるっていう日だったのだけど、朝から見事に土砂降りだった。雨ザーザーの中渋谷を歩き、お陰でそれ以来布施沼に頭までズッポリ。
あの日からもうすぐ4年です。

はるまきさんの「ある一曲」って何だろう? あれかなあ。。
気になるけど、千秋楽終わるまではお預けですね。
ハンサム度3割増しですか⁈ ちょっとスッキリされたんでしょうか?
年末年始のご馳走でリバウンドせず、3割増し維持で年明けのコンサートお出まし願います。あ〜早くまた生歌聴きたくなりました。圧倒的歌唱力に圧倒されたい。

12月は昨年みたいなテレビ出演ないのでしょうかね。
ディナーショーに行けない私に、布施さん、どうかクリスマスプレゼントを!

琵琶湖ホール

その日は雨予報でしたね、お天気なら早めに行って 琵琶湖見て
プチ観光しようと思っていたのですが、下り坂予報で 
結局 琵琶湖も見ずそのまま会館へ直行しました。
琵琶湖沿いにあるホールだったんですね。
大きいホールでしたね。。

ブルーレイ買いました。でもおまけはポスターのみ。。。。
クリアファイル作ってほしかったな。。。
売っていたおばちゃんは、地元のレコード屋の方なのかな???
めがね拭きも買ってしまった。たぶん使わず、飾ってるだけにする予定

ジャズライブ以来の生布施さんだったので 期待は高まる高まる!!
もう期待以上の布施さんで 終わった今もまだ思い出しては興奮してます。

『平成からの手紙』あたりから少し涙目になり・・・・
ラストに向かっては。。。。もう崩れてしまいましたヮ。。。。

walkツアーもDVD発売してほしい・・・切に願います。
(ドットコムに希望を出そう!)

何もかもが

布施さんらしい~~
雨もーーー
愛の歌の絶唱もーー
ステップも
最初から、最後まで全力の歌もーーー
変わらないな~~いや。凄くなってる。愛の深みが
(人はこれをクドイと言う)
walkツアー永久保存ですよね。
全国民に聞いて欲しい~~
はるまきさん~~2小節の次に又々気になるじゃないですか\(^o^)/
ある1曲!!!そのうちアンケートでるかも。
フェステイバルは歌唱が1曲増えるかも?ですね。それも超カッコいい~
バンド演奏とともに。まだまだ余韻でどきどきします。
でもまだかな~チケット販売。
そうそう、琵琶湖ホール、最寄り駅から(膳所コース、浜大津コース共に)
5分で楽勝でしたよ!!このホールは凄いです。又来年も!

びわこ~

四階まである素敵なホールでしたね。
予想通りの雨の中、駅から頑張って歩いてみました。
初琵琶湖の暮れてゆく景色。
人生初のかなり前方のお席で どきどき。
押し寄せる歌声と 数々の懐かしい曲に
ただただ圧倒されました。
期待していた曲もちゃんと聞けて幸せでした。
はるまきさんと同じ曲かなぁ~?
私も雨の中 おまけを抱えて帰る羽目に。
帰り道 大阪で一泊して和歌山 という周遊コースもありだったと気付いて。
なんで申込みの時思いつかなかったんだろう・・・
お泊りNGなんだけど それにしてもお間抜けだったなぁ。残念。

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る