語録

2014-02-03

音楽の仕事をしている者にとっては、音は苦しみですよね。
音楽じゃなく、音”苦”。
カラオケで何曲もノッて歌って遊んでる歌手も少なくないけど、
僕には、あれ、信じられないんですよ。


歌には三つの命があって、
一つ目は作られたときに、二つ目は歌って皆に聞いてもらえたときに、
そして三つ目は時が経って何かの折にふと人の心に浮かんだときに。
そして最近、三つ目の命が大切なんじゃないかなぁって、
やっと思えるようになったんです。
歌うまいですねって言われるの、嫌いなんですよ。
だって歌手は歌がうまいのが当たり前じゃないですか。

Twitterで目にした布施明名言

その場で聞いたわけではないので、
どんなニュアンスかは分かりませんし、
贔屓目をなくして、布施明の声を知らないとすれば、
説教臭い老害が偉そうにと、なりそうなところかもしれません。

だけど私は、
「歌い続けていることに、すっごい誇りを持ってるんだな。
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
伊丹が待ちきれねぇ!
今から興奮しすぎて仕事も手につかねぇ!
←布施明関係なくいつも

と妙に、wktkが止まらなくなりました。
+   +
  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ∪ +        
 と__)__) +

本当にこんな感じ。
今から眠れない。遠足前の子供みたい。

伊丹のコンサートまで、あと5日

コメント

ちょっと気恥ずかしそうに 
体を左右に振りながら
ちょっと ぽつりぽつりな感じで話してる布施さん。
記事のお蔭で トークを思い出せました。
自分のこととして話されてるせいか
あんまり説教臭く感じなかった。
でもちょっとお利口さんな感じでええかっこしいかな。
布施さんだから許せてしまえる。
あ、凄い贔屓目かも。

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
 
 mazon
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る