ジェネレーションギャップ

2014-02-26
オリンピックつながりでの会話

 私 「船場太郎好きだった」
同僚A 「誰?」
 私 「えっ?」
同僚A 「えっ?」
 私 「…原哲男は知ってる?」
同僚A 「北斗の拳」
 私 「違う」
同僚B 「アーバンポリス!」
 私 「正解!」

なんだけど、誰がカバやねんは知らないんだろうな。
※注 船場太郎は、大阪オリンピック構想を提唱した市議

同年代の同僚に何故か、
ジェネレーションギャップを感じるお昼休みでした。


何この二十代…怖いw

wiki、本当に間違ってますw
君の歌がきこえるの作曲は、林哲司です。

※以下、シングルレコードからの感想なので、ラジオで流れた音源と異なる可能性があります。

君に涙とほほえみを
デビューから完成されているというより、
デビューからねちっこいw

霧の摩周湖(諏訪湖)
北海道には詳しいです。オホーツクに消ゆをやりこんでますから。
巻き舌や、急激な温度変化が楽しい。

尾崎紀世彦=カントリー・ハワイアン
 布施明 =カンツォーネ

ラテン系(特に顔が)でも、種類が違う。

愛の園
右チャンネルから昭和っぽい音、確かにw
この囁いているように(全く囁いていない)震える声が、たまらん。

そっとおやすみ
ちょっとカマっぽい声。女心だからね。
うん、凄い良い曲。優しい曲。

甘い十字架
なんだか凄く丁寧に歌っている気がするのは気のせいか?
「もう一度僕を見て、お前のぉ↑」が、カワイイw

君の歌がきこえる
大人の声になった。
前奏が凄く好き。それとサビへの盛り上がり。

摩周湖もだけど、コーラスのお姉さんの声が素敵。

積木の部屋
なんでこんな歌い方なんだろ?
「かぁぁぁぁ」や「どこぇぇぇぇ」のエフェクトが余計。

あずさ2号
狩人の、青年の爽やかなスピード感はありません。
野口五郎のことはあまり知らないけれど、
布施明、こんな声出すんだという歌い方。

こういう解説を聞きながら、曲を聞くのってすっごく楽しい!
でも、この二十代、
歌謡曲好きなので第二弾は期待薄かな?


伊丹のコンサートを思い出しては、溜息の零す日々ですが、
シクラメンを歌ったかどうか思い出せない。
いや、間違いなく歌ってるはずなんだけど…
私、どんだけシクラメンに興味がないねん。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
 
 mazon
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る