今更ですが

2014-03-28
伊丹のコンサートで、何が感動したかというと、
全部!なのではありますが、

一番は、
All My Trialsが聞けたこと。
(1994年 跡地orz)
しかも、パフォーマンスがこのまんま。

まさか、この絶叫が生で、この年の布施明で、
聞けるなんて思ってもみなかったので、
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!
と、歓喜の声を上げそうになりました。


メガネ姿で登場のかわいさにクラクラし、
メドレーに入る前の曲でもう、
十分というぐらい、期待以上の感動をしていて、
お隣りのご婦人が、キャピキャピしていらっしゃるものだから、
わかる、その気持!と、手を取り合いたいぐらいの昂揚の中、

君は薔薇より美しいで、
明はまだやれる、次もチケット買うぞ!となり、

メドレー終わりの
1万回のありがとうの頃には、
ありがとうございました!と、謎のお礼を唱えだし、

アンコールの
マイ・ウェイには、
バケモノだ、一生ついていきます!

と、興奮していたのですが!

それ以上に興奮させられるとは!

正直、パンフに載ってるけど
シクラメン聞いたっけ?って、言うぐらい
舞い上がりすぎと、夢心地すぎたのと、初聞きの曲もあって、
所々記憶が曖昧なのですが、

All My Trialsで、
名残惜しい寂しさが、一気にぶっ飛んで大興奮です!
おやすみと言われた後に、

を枕元で歌われた感じ。

よく分からない例えですが…
ま、それだけ感動したってことです。

密かに若返りの薬を飲んでいるに違いない
生布施明は、本物のエンターテイナーでした。

ツアー全部ついて回りてー!道具運びで良いから雇われてー!

今日でツアーも終わりなので、曲バレしても良いかなっと、今更書きます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
 
 mazon
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る