1970年代の境目

2015-07-14
1973
その時あなたは陽は沈み陽は昇る
同じ年で同じ服装だとは、とても思えないんですけどw
同じ人かもちょっと疑わしいw

甘い十字架愛よ飛べ
布施明に似合ってねぇなぁw蝶ネクタイじゃなくて、A面の曲がw
でも、めっちゃアイドルしてて大好き♪

1974
積木の部屋
ガラッと四畳半フォークにw
顔も締まって、急速に大人びてくる。

愛の詩を今あなたに
ふぅ、やっと布施明らしい曲だわ。ε-(´∀`*)フゥ。
と、一息ついたところで、ここが境目

1973年の定まらないジャケ写真の見た目と、
1974年以降の大人の男らしいジャケ写真とアイドル仕様の中止で、
急激に大人度が増す

無闇矢鱈な熱唱も抑えられがちになって、
テクニックで歌う歌手に変わってったと思う70年代明。
といっても、そのテクニックの知識が、私にないんだけどorz



↓コメントへのお礼

じゅんこさんへ
メドレーに入れるにも、テレビで歌うにも、曲が限定されてますよね。
ときめきを今歌うと、別の意味で猛烈な濃さを出してくると思いますw
ぜひ聞いてみたいです!


2014-05-25じゅんこさんへ
その人の記事を書こうと思って、結城一平を思い出しましたw
レオKさんへ
分かってても、笑えますよねwそんな布施明が大好きですw
おっ!?もしかすると、既に生永遠のきずなを聞いていらっしゃるかも!?
布施クン!?ファンの人に、「クン」付してもらえてたんですねw
「クン」てイメージがないというか、「クン」てアイドルっぽくて、
ちょっと(´∀`*)和みました♪

コメント

布施明=二枚目という認識が世間に定着した1970年代。
小学生のハートまでもキャッチ! って、そんな小学生は少数派…でしたかねf^_^;
コンサートのお客さんは綺麗なお姉さんたちが多かったような気がします。

甘い十字架 君の素顔 愛よ飛べ 明日に架ける愛
それまでなんとなく耳にしてた布施明を
はっきり認識して大好きと思った曲です。
でも次の 積み木の部屋であれっ!? と思い
愛の詩を今あなたには 大人すぎるというか 
その当時お子ちゃまには 重くて・・・
でも LP買い込んで それ以前の曲を聞き直して(ちゃんと聞いて)
あ、これ知ってる これ好きだった へぇ~布施明だったんだぁと
布施明に 目覚めてしまったのを思い出しました。
その頃も今も 曲名など気にせず 覚えず 聞いていた
いい加減なファンなことも思い出しちゃいました。

70年代前半の日劇コンサート 
綺麗なお姉さま達の、花束のタイムが豪華でしたw
フィナーレも凄くステキ(記憶は美化されますが)
高校生は少なかったと思う。
明ちゃんから布施くんの頃ですね。
サンレモの盛り上がり曲、カンツォーネ、シャンソン、70年代もステキでした!
マエストロ布施氏の現在も、その頃の歌をまた歌っていただきたいな!!

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
 
 mazon
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る