ひとり紅白~70年代後半~

2015-12-05
宿命の好敵手登場!

1975
 VS 
衣装は真綿色で、お花模様のギターが   3年連続対戦の始まり。佐良直美の前
映えてる!カポにうす紅色したシクラ   口上通り、既に大物の風格が漂ってい
メン。ストラップも凝ってそう。うっ   る。まだ20代なのにw老け顔ってわけ
とりした顔→辛そうな表情→ヘドバン   ではないけど…休業する40代でも、顔
しそうな激しさw耳に目に楽しい明♪   があんまりお変わりないんですよねw

最も目立っても良さそうな年に目立ってない
たまたま。編集上、たまたま。

1976
 VS 
白に革ジャンとは意外。首には、芳   布施明以上に、歌詞が乗り移る人。一
村真理にツッコまれてた飾り。って、   歩も動いていないのに、顔の表情だけ
おい!全身、夜のヒットスタジオと同   で演じきってみせる歌の世界。歌手と
じじゃん!違いは、鳥のワンポイント   いうより、歌が超上手い演技派女優。
ギターだけ。前口上が、お気に入り♪   こんなに凄い表現力!そうそうない!

たまたまかな

1977
 VS 
知名度が足りないご当地ソングと思っ   山川静夫は、ちょくちょく暴言(お尻
てたら、ちゃっかり白曲なんですよ   の下はすぐ踵とか、ダックスフント協
ねw摩周湖は違うのにw白仕様で、   会会長とか)を吐きますが、気持ちの
間奏の手広げができなかったのが、悔   悪い歌ってのは、なんら間違っちゃい
やまれるwいつ見ても変な振り付けw   ませんwこんなの勝てる気がしないw

たまたまだったようです。最初から終わりまで、よく映るw
バックダンサーに選ばれるだけでなく、最前列でこぶし振ってる

名前が先になってるでしょ。長崎でしょ
あららららw

1978
 VS 
ナイーブな魅力で迫られてください。   お姉さまの色気が常にあって、今でも
「はじめてぇぇぇぇぇ」で私、早々に   色気が衰えない。この歌でも、お色気
ノックアウトされております。間奏か   ムンムン。それでいて、童謡を歌うお
ら2番への映像もいいんだよな!振り    姉さん。素敵!聞いた後は、一日中 「
は、前年とあんま変わらないのにねw   バビロン、バビロン」を唱えちゃうw

この年も楽しそうに踊ります
粋な着流し姿のズッコケも、ノリノリしてたw

1979
 VS 
人が変わったようなきらびやかさで登   前回、こんな高く歌う人なの!?と書
場wどことなくテキサスで大牧場経営   いたけど、これぐらいなら違和感がな
してそうだけど、こんな目に眩しい牧   い。というか、細かった声が太くなっ
場主はいないw軽く出しちゃうホイッ   てる。その方が、私の思うイメージに
スルも含めて、なんといい声なんだ!   合ってるので、聞いてて心地が良い。

足は短いですけれど、とても女の人にモテる方、
その服はカルチェラタンの雪ですよねw


↓コメントへのお礼

きりちゃんさんへ
ときめく心を抑えつつ、平常心を装って見る白w
布施明が歌う3分弱だけは、誰も喋らないで!物音立てないで!ってなりますねw
Blu-rayなら、より高画質な布施明ですか!
裏面写真、期待度が物凄く跳ね上がっています!ワク((o(´∀`)o))ワク♪


レオKさんへ
ザ・ピーナッツはホントに華やかで、
私の大好きなエンターテインメントがそこにある!
のですが、私もモスラ~ヤッ!しか知りませんでした。(・_・ヾ-☆
白の布施明探しながら、
別のエンターテイナーに浮気して、動画巡りが終わりませんw

コメント

ホイッスル!

このところこの当時の君は薔薇より美しいにハマっています。なんといい声、たまらなくいい声です。ひゃぁーう、もほんと軽々、日本人でこんなにもホイッスルが決まる歌手、ほかにいるのでしょうか。今現在もよく出るあぅっ、や、ひゃーぅ、カッコいいです!
何度も聴く君薔薇の中で、『22日から春の九州ツアーに旅立つ彼………長崎を拠点に6ヶ所グローバルに廻ります……』との解説あり、この頃も九州ツアーいってたんだ。九州でグローバルっでいうのがおもしろいです。
とにかくこの声が大好き!

ス・テ・キ!

「落ち葉が雪に」を歌っているときのこの表情!! もう心の中で「キャー明ぁぁぁっ」
って叫びたくなるほどステキ、大好き。で、歌い終わった時のはにかむような笑顔に完全ノックアウト!
でも「愛は不死鳥」で当時の視聴者の記憶に刻みこむほどのインパクトある衣装を考案したのに(母ですら、覚えてると言ってた)、夜ヒットと同じ衣装の着回しとは、衣装に対しての情熱はもう失っちゃってた?
それにしても70年代後半からの声は、透明感といい、艶といい、伸びといい絶品です。もう、うっとりするばかり。

昔話ですが

1977年~1978年 私はロックバンドにロッドのような衣装をデザイン製作したり、メンバーのメイクをする仕事をしていました。
その頃の沢田さんのスタイリストは早川タケジさん。イラストレーターです。
ハリウッド映画のイメージで製作していました。男性のメイクはグラムロックの流れですが、日本は時代劇で男性がメイクをしていたので、受け入れやすかったんです。
 布施さんのスタイリストは存じあげませんが、パリコレのサンローランやケンゾーのデザインを意識した正統派ファッションでした。(メイクなしで貴公子w)
流行は時代の変化と共に笑いになる事もありますがw
流行とはそういうものです。これからもネタにしてネ!

タイガース時代の衣装がコシノジュンコさんなのは有名ですが、ジュンコさんが最初にデザインしたのは布施明さんって仰ってました。
フリルのブラウスですって!
1960年代後半 ユニセックスですよ。女の子っぽい服を着たのも布施さんが最初!

リアルタイムでは理解出来なかった“めぐりあい紡いで"おとなになって心にしみるようになり大好きで何回も聞きました!布施さんの良い男振りも満足です(*^^*)

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
 
 mazon
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る