聞き比べ3

2014-04-20
宝塚歌劇100周年

ちょろっとテレビで舞台を見たことはありますが、宝塚に全く詳しくありません。

春日野八千代、惜しいぃ。もうちょっと長生きしてたら良かったのに。

と思うぐらい。

1978年9月 宝塚大劇場
女の園に初めて入った男となったのが、布施明

THE LOVE,DREAMS AND TEARSという
浪速のではなく、宝塚のモーツァルト寺田瀧雄の曲を歌うアルバムも出しています。

その中から、今回の聞き比べ。

(跡地)
こんな曲なのかw

サンバのリズムで始まるパレード・タカラヅカ
ゴン太くん(クイーカ)の音w
サビ前のア゛ゥと、サビのノリが楽しい。

私は、どうしてもこういう盛り上がっていく曲を好きになってしまいます。
だって楽しいんだもんw


割と正確…じゃなかったw

こちらは、さすが少女漫画の世界。カッコ(・∀・)イイ!!
華やかな衣装に舞台栄えするお化粧、
無駄に 大勢出てくるタカラジェンヌ、これぞ宝塚

布施明側の動画が全滅しているので、
ヅカ動画を代わりに紹介。

1.アマール・アマール

布施明より男らしい歌声というのは、どういうことだw

2.白い花がほほえむ

04:05~
Je t'aime、Je vous aimeの囁きが、狙いすぎな布施明。

3.愛の宝石

布施明版は、爽やかな愛の歌仕上げ。

4.愛!

02:15~
一番、歌謡曲歌手の布施明に合っているんじゃないかと思う。

5.愛あればこそ

アンドレ祭。
ついでに70年代明も、アンドレのコスプレをしてみたら
…足の長さ以外は、似合いそうw

6.パレード・タカラヅカ

サンバのリズムは、間違っちゃいないのか。

7.さよならは夕映えの中で

優しく歌いすぎの布施明も、右から聞こえるポクポクも、
布施明版はバトラーっぽくないよねw

8.夢人

頭に花w
そして、布施明は巻き舌w

9.幸せの鐘の鳴る日

05:41~
鳳蘭男前!だけど、短いので聞き比べできない。

10.さよならタカラヅカ

宝塚の退団規準てなんだろ?
と、昔から思ってはいるけど思っているだけ。

こんなに宝塚動画を見たのは、初めてw

アレンジでこうも違うかってのが、楽しい聞き比べでした。
うん、良いアレンジだ。林哲司( ´∀`)bグッジョブ!



↓コメントへのお礼

ありがとうございます♪
調べても調べても次々に新たな発見があるので、楽しくてやめられませんw

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
 
 mazon
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る