キング→フィリップス

2014-04-21
レコード会社移籍前後の印象が、
好きなことやってるなぁ。

やりたいことをやってるという意味だけではなくて、
ちょっとした吹っ切れた感が見えるのは、たぶん私の勘ぐり過ぎ。

キング最後から2番目のシングル勝手に想い出
B面が、日本バンザイ
A面の勝手に想い出が、ノリノリなラテンのリズムなのに、このB面w
テンション落ちるわっ!
ひこうき雲に載っていた曲なのですが、なんでここでレコードにしたの?
他に曲がなかったの?在庫処分ですか?

と言いつつ、私はこのシングルが、とても好きです。

キング最後のシングルは、凄くカッコ良い作曲:布施明ですが、タイアップ曲なので飛ばします。
名義違いのセブンシーズのも、また今度。


キング最後のアルバムGO MEN
オール布施明。
前半は、朝・日曜日にマッタリ聞きたい曲。
今までの力の入った歌唱とは変わってきた、ゆる~い雰囲気で、
歌の上手い加藤和彦(私の音楽知識が偏りすぎて、正しい例えが出来ない)

こういうのをなんて言うのか、ググってみたら、
ソフト&メロウとかって言うんですって。音楽用語って難しくて嫌いだ。

それでも、A面終わりの別れの前以降は、布施明だw
メロウ→ジャンル:布施明。

前半と後半どちらも、好きです。

移籍前のシングルI AM YOUとアルバムI AM
移籍後のアルバムCalifornia Seasons
夫婦のラブラブシングルとラブラブアルバム。
話題性を狙ったのか、ただラブラブで作りたかったのかw

I AM YOUなんて、タイトルからしてラブラブじゃないですか。
ラブラブバラードのB面は、DOMO DOMO DOMO
A面に反して、捨てられた男の曲。ノリ良く凄く悲しいことを言ってますw
GO MENもだけど、
こういうタイトルってダサイwと思うのは、今の時代に見るからかな?

私の大好きな布施明が、いっぱい詰まっているアルバムI AM
ディスコあり、ジャズあり、プレスリー調ロックあり、
ゆるいテンポあり、歌謡曲っぽいのもあり、お得な一枚。
この辺りをCD化していただけないのは、いかがなものかと。
元嫁ですか?元嫁の作詞がネックなのですか?

語るよ布施明wのアルバムCalifornia Seasons
全体的にムードのある、ちょっと気だるい大人な雰囲気な夜用。
California Seasons
このジャケット裏が、妙に腹立つw
もちろん、好きなんですけど。腹立つわぁw

80年代明の服装は嫌いですが、
80年代前半は、シングルもアルバムも布施明づくしなので、大好きです。
80年代後半から、売れなかったのか、方向転換しただけなのか、
自作曲がB面へ追いやられていくのが残念。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
 
 mazon
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る