ドラマティックおまけ2

2014-06-05
2001年 ドラマティック・コンサート
An die Musik ~いとおしく想う唄に寄せて~

反則すぎる歌唱力から始まる今回は、
萌え死にすること必至。

01.YOUR SONG
02.ノスタルヒアス
03.涙の影は
04.ジャズとゴロアーズ
05.星影の小径
06.再会の季節
07.慟哭
08.君を守る
09.MEDLEY
これが青春だ/霧の摩周湖/積木の部屋/めぐり逢い紡いで
/甘い十字架/シクラメンのかほり/君は薔薇より美しい
/愛は不死鳥/そっとおやすみ/君をこえる日
10.オーボエ奏者の特別な一日
11.ア・カペラ
12.愛はるかに
13.帰っておいで
14.今 君にありがとう
15.MY WAY
16.I'll see you in my dreams
注:動画の流れなので、入ってない曲や順番違いはあるかもしれません。表記は動画に準じます。

Σ (゚Д゚;)←出だしでこんな顔になるYOUR SONG
これ、オープニングで歌う曲ですかw1曲目から、覚醒してる。
ま、布施明はいつでも、容赦ない歌声なんですけどね。
「but it's」「I hope you don't mind」の飛び跳ねながら歌うのが、かわいすぎだろ。

丁寧な一人タンゴのノスタルヒアスは、円を描く足の動きに、(*´∀`*)
緩急が心地いい。細く伸ばす声と太く伸ばす声の違いに、(*´∀`*)
ラストのダンスに思わず、(*´∀`*)カワエエ!と叫んでしまった涙の影は
「喜びも」の度に、最高に幸せそうな笑顔になるんだもん。(*´∀`*)ニヤニヤしてしまう。

突然始まる、グァム島をディスったwお芝居からのジャズとゴロアーズは、
切なくてキューンとなるけど、オシャレな一曲。ジャズの店は、メランコリークラブ?
そうそう、両切り煙草は指で弾いて捨てるもんだと、どっかの外人さんが言ってた。

ア・カペラ最高!な星影の小径
ラストの「小径よ」手前で、ちょっと上を見て幸せそうにニコッとするんだよ!
(*>ω<)o"クーーッ!こっちが幸せになっちゃうじゃないか、コンニャロー。

再会の季節で、襟を直されながら目を見つめている姿が…小動物かよw
今回は、マイムウォークと言うよりは、動く歩道を逆走してるみたいw
乾杯したエア・グラスをテーブルに置くところまで、ちゃんとやる布施明。細かいw

いつ聞いても素晴らしい慟哭は、立ち姿と表情のアップが重なった映像も素敵。
シンバルのクルゾクルゾ感が、もうゾクゾクする。そして、この伸びのある声!
客席からの歓声が、薄っすら聞こえていますが、もっと称えられるべき。

優しい「いざないましょう」、力強い「いざないましょう」、
両方混じった「いざないましょう」、そして、包み込むように「いざないましょう」
と変化しているような気がする、君を守るの表現力よ!

ニッコニコの笑顔で始まるメドレーの中でも、
舞い上がりすぎな愛は不死鳥は、オーバーアクションでクドさも半端なく、
おまけにフルコーラスという、正に俺得不死鳥。
君をこえる日の間奏でお着替えもすませて、ジャケからシックなスーツに。

好きかと聞かれれば、あんま好きじゃないオーボエ奏者の特別な一日
それでも、8分もある歌を飽きさせもせず聞かせる布施明に感心する。
なにより、祈りのところからの迫力と、その後の静けさ。上手いよなぁ。

ア・カペラは、ほんっと艶がある。
泣くのを堪えているような、悲しそうな表情で歌い上げるのに、
間奏終わりに、儚げな笑顔。(つд;)キューン

いとおしく想っている3曲は、布施明がいとおしい。
愛はるかにの、右手のいとおしさったらない。
語りかけるように歌うから、「どうぞ微笑んで」と言われると微笑んじゃうし、
「生きる勇気から」と言われると勇気が出てくる。
最後の「今愛は」で手をかざした後のニコッ…あざとい!
帰っておいでの、必死の説得がいとおしい。
そんな切ない顔しないでおくれよ。心持ってかれる。
でも、帰ってこないんだろうな。憎んで罵ったことは、たぶん、絶対、忘れないw
今 君にありがとうの、じわじわ盛り上がっていくいとおしさよ。
だ~か~ら~、飛び跳ねながら歌わないで。かわいすぎるんだってば!
ヤベ~、「ありがとね」ヤベ~。キュン死させる気ですか!

タキシード姿にお着替えして、隠しマイクに、「に↑」のMY WAY
カメラさん分かってる!そう、その絵が見たいんだよ!
もう笑顔にヤラレっぱなし。幸せで、心が苦しいw
「さよなら」と言って、観客の拍手に応える布施明が、大好き!

死因:I'll see you in my dreams
萌え死にする一番の原因が、これ!最初から最後まで、ヤバい。
「ふぅ!」と「サンキュー↑」の、あまりのかわいさ。
曲紹介も、笑顔の歌声も一人チークダンスも、全部ヤバい!
53歳のおっちゃんに萌え死にする日が来ようとは、思いもしませんでした。

紹介できる動画はありませんが、本当に萌え死に回なので、
どうか各関係者の方は、すぐ再販することを強くお願いします。

摂津まで、あと2日



↓コメントへのお礼

ドラマティックおまけ

2014-05-24
投稿前に動画が全滅してしまったので、~特集~に入れなかった回。
記事は書いていたので、加筆しておまけ。

1996年 ドラマティック・コンサート
たとえば夢の中で

フツーに登場して、フツーに挨拶して、フツーに歌い出す。
地味 大人の雰囲気漂う今回は、とにかくセクシー

01.たとえば夢の中で
02.I LOVE YOU
03.IF YOU LOVE SOMEBODY
04.TEA FOR TWO~二人でお茶を~
05.気がついたらいつだって独りぼっち
06.I'M IN THE MOOD FOR LOVE
07.CHEEK TO CHEEK
08.MY FOOLISH HEART
09.WINTER GAMES(インスト)
10.AROUND THE WORLD
11.GUANTANAMERA
12.MEDLEY
開けてみれば愛/愛は不死鳥/霧の摩周湖/シクラメンのかほり
/君は薔薇より美しい/積木の部屋/ひとり芝居/愛の終りに/そっとおやすみ
13.ラ・ボエーム
14.男のジェラシーは大人っぽく
15.この胸の悲しみを
16.甦れあの日々
17.MY WAY
18.別れの曲
注:動画の流れなので、入ってない曲や順番違いはあるかもしれません。表記は動画に準じます。

角松敏生ぽいような気もするけど、誰の作か分からないたとえば夢の中で
Ricardo Montanerのを訳詞したI LOVE YOUと最初の2曲が、
派手な演出で始まらず、いきなりコンサート中盤かと思わせるような美声。
初っ端から、観客を(*´∀`*)ウットリさせすぎる。ちょっと満足そうな笑顔が(・∀・)イイ!!

ESTIMADOから2曲。
アウッ!で始まるIF YOU LOVE SOMEBODY
動く明(主に前屈運動)が、カッコええったらなんのったら。
無音後の、照明と布施明の動きとカメラの位置が、特にカッコええ。
TEA FOR TWO~二人でお茶を~では、
「あのお店は」前の指差しから手を広げる仕草が、私のツボ。細かくてスミマセン。

気がついたらいつだって独りぼっちから、メランコリークラブが開店。
3曲(06~08)とも超絶セクシー。セクシー明のお店があったら、毎日入り浸るわっ!
一人チークダンスの前からもう、マイク相手にチークダンスしてるみたい。
スタンドマイクになりたいと思うお嬢様方続出の、色気の垂れ流しです。
3杯目のジントニックを飲んだのは、若い明ちゃん?

WINTER GAMES(インスト)の間にお着替えもすませて再び、
ESTIMADOから、AROUND THE WORLD
ESTIMADOの中で、一二を争う大好きな曲。最高の笑顔で歌う布施明が、最高に素敵。
後ろのTシャツ打楽器、明の笑顔を見習えw

もっとゆったりしたGUANTANAMERAしか聞いたことがなかったので、
こんな曲なのかwと面食らいましたが、
そんな幸せそうな顔で歌われると、大好きになっちゃうじゃありませんか。

開けてみれば愛から始まるメドレー。
メドレーに珍しい曲が入っていると、得した気分になります。
ひとり芝居なんて、フルでお願いしたい。
ラッタタッタタッタのところ、もっとアップにして。

若い男の感情的な焦りのラ・ボエームと、
中年男の感情を抑えた焦りの男のジェラシーは大人っぽく。←笑顔なのに笑ってない。
年の違う男の二つのドラマに、引き込まれます。
振られる男の歌が案外多い布施明ですが、そうそう振られないだろぉ~と思いつつ、
振るタイプにも見えないので、やっぱり振られることが多いのか?

この胸の悲しみをのサビが、メロディーも言葉の運びも、とても好み。
セクシーダンスに酔いしれた後は、力強い甦れあの日々
さっきまでアンニュイになっていた人とは思えない、情熱です。
これなんです、これ!私が、しつこいほど90年代明が大好きと言っている理由はっ!
悲しい歌でも、楽しい歌でも、常に色気が漂ってるのが、90年代明。ホント大好き!

ラストのラストでさらにお着替えした別れの曲
MY WAYでマイクを使った理由が、ここにあります。
この人、どこ目指してんだwという笑いとともに、感動が体中を駆け巡る。
自分の持ってる力を全部使ってやろうという姿勢が、
いつまでも衰え知らずな布施明の、最大の武器だと思います。

生き残った動画はありませんが、本当にセクシー回なので、
どうか各関係者の方は、すぐ再販することを強くお願いします。



↓コメントへのお礼

ドラマティック7

2014-05-20
1998年 ドラマティック・コンサート
突然の目覚めの中に出発たびだちが見える

何度も言いますが、大好きな90年代明。
そのすべてが詰まってると言っても過言ではない。

01.君は薔薇より美しい
02.いつかバラ色
03.突然の目覚めの中に出発が見える
04.I want to cry
05.愛と物語の日々よ
06.ARTHUR'S THEME
07.マーマレイドの朝
08.I don't like to sleep alone
09.摩天楼の中で
10.MEDLEY
シクラメンのかほり/甘い十字架/落葉が雪に/霧の摩周湖
/恋のサバイバル/305の招待席/積木の部屋/カルチェラタンの雪
/今夜は気取って/愛の終りに/そっとおやすみ
11.君の理由と僕の道
12.My heart will go on
13.I Love You
14.儚く告げるアモレミーオ
15.あなたの愛に支えられて
16.My Way
17.Amazing Grace
注:動画の流れなので、入ってない曲や順番違いはあるかもしれません。表記は動画に準じます。

下手から上手へ通り過ぎる君は薔薇より美しい、もう(・∀・)ニヤニヤが止まらない。
飛び出すような登場、観客へ手を振り、バックで戻ってきて、満面の笑みで歌う。
この後の曲(02)と共に、カメラそこは引くな!寄れ、寄れ!と、何度思ったことか。

ダンスと笑顔がたまらないノリの良い2曲が続いた後は、
重く聞かせる突然の目覚めの中に出発が見えるからの2曲(03~04)。
この落差が、布施明なんですよね。泣かないでヽ(・ω・。)と、キュンとする。

そんなしっとりI Love Youなんて言われちゃ…。
そんな儚く告げるアモレミーオなんて言われちゃ…。
おっちゃん、女心くすぐり過ぎやろ。
静かなのに力強い、優しいのに芯が通った、この歌声もまた布施明の魅力。

紹介できる動画は少ないですが、本当にすべてが詰まってる回なので、
まだ未視聴の方は、すぐ見に行くことを強くお勧めします。

これでドラマティック特集は、最終回。
全滅したドラマティック・コンサートは紹介しませんでしたが、
どのコンサートも、看板に偽りなしのドラマティックです。
本当は、紹介しなかった曲・回も探せば、いくつか転がってたりします。

ドラマティック・コンサートDVD-BOX
が発売されれば、即買います。
どうか発売されますように。

フェスティバルホールまで、あと1日
(゚д゚)あと1日!



↓コメントへのお礼

ドラマティック6

2014-05-19
1990年 ドラマティック・コンサート
今日のあなたに乾杯…詩

監修:なかにし礼の
90年代最初の明は、すっごいパワフル

01.NEL BLU, DIPINTO DI BLU
02.AMAPOLA
03.305の招待席
04.LA NOVIA
05.FOR ONCE IN MY LIFE
06.MR. BOJUNGLE
07.I'VE GOTTA BE ME
08.HANKY PANKY
09.UN ROI BARBARE
10.MEDLEY
これが青春だ/恋/愛の園/君に涙とほほえみを/今夜は気取って
/セピア・カラー/そっとおやすみ/霧の摩周湖/積木の部屋/愛は不死鳥
11.DIO COME TI AMO
12.CHE VUORE QUESTA MUSICA STASERA
13.MARIA~サヨナラだけで~
14.SAILING
15.シクラメンのかほり
16.ALL MY TRIAL~ハレルヤ
17.MY WAY
注:動画の流れなので、入ってない曲や順番違いはあるかもしれません。
  一部間違いかと思われるものもありますが、表記は動画に準じます。


歌手になる切っ掛けだったLA NOVIA
ちょびっと調子が悪いの?(03)と思っていたのですが、どっこい!
低音と高音の差、伸び~る伸びる高音。やっぱり、布施明は侮れん。
しかも、これからドンドン声が良くなっていく。どういう喉してんですか?!

追悼サミー・デイヴィスJr.(05~07)からのMR. BOJUNGLEは、超キュート。
間奏から歌に戻る時の布施明は、何度見ても笑ってしまうw
パントマイム明は激カワですが、歌はおかしい哀愁が漂います。( ;∀;) ジーン。

マイク隠しに、「に↑」のMY WAY
「私には」で、(#゚Д゚)カメラ引きすぎ!もっと近寄れ!
という不満はあるものの、素晴らしい歌声だ。開いた胸に目が行ってしまうけどw
投げキッスが、こうも嫌味なく似合う日本人が、いるだろうか?(・∀・)イイ!!笑顔だ!

紹介できる動画は三つだけですが、本当にパワフル回なので、
まだ未視聴の方は、すぐ見に行くことを強くお勧めします。

フェスティバルホールまで、あと2日



↓コメントへのお礼

ドラマティック5

2014-05-18
1989年 ドラマティック・コンサート
永遠の今日い まがあるばかり

激痩せに変な髪型ですが、
ちょっとカワイイ明がいっぱい。

01.TILL
02.ラストダンスは私に
03.UN AMOR
04.めまいの日々
05.テーブル物語
06.永遠…
07.THE BEATLES MEDLEY
08.MEDLEY
恋/愛すれど切なく/甘い十字架/そっとおやすみ/霧の摩周湖
/めぐり逢い紡いで/愛の詩を今あなたに/愛の終りに/シクラメンのかほり
09.涙の電話
10.ARE YOU LONESOME TONIGHT
11.WHAT KIND OF FOOL AM I
12.SAILOR BOY
13.MY BOY
14.MACK THE KNIFE
15.ALL MY TRIALS
16.MY WAY
注:入ってない曲や順番違いはあるかもしれません。表記は動画に…表記がないorz

音とか、舞台とか、照明とか、映像とか、いろいろショボく思えるのは、
きっと映像が古いからですよね(震え声)。
それでも、TILLの声の良さは変わらないので、問題なし。
笑顔も良いし、間奏のジャンプなんて、80年代明っぽいしw

「ヘヘッ」から、ラストの決めポーズまでカワ(・∀・)イイ!!ラストダンスは私に
ニッコニコの笑顔で歌って、アゥ!と飛び跳ねる明カワ(・∀・)イイ!!
「You can smile」の歌詞通り、私も笑顔になってしまう。

永遠…は、ちょっと寂しそうな笑顔。
「ここまで、来たよね」で、本当に泣いちゃうんじゃないかと思っちゃいました。
それなのに、声が伸びすぎでしょ。音割れてんじゃんw

そのジャケットはなんですか!?肩に何入ってるんですか!?
なんてことを思いながら聞く、ビートルズ・メドレー。
かつて、白でもビートルズを歌いましたが、似合わねぇぇぇw
なんだろ、ロックが似合わないわけでもないんだけど、似合わねぇぇぇw
LET IT BEの声や動きなんか好きなんだけど、似合わねぇぇぇw

英語で語るは、エルヴィスのARE YOU LONESOME TONIGHT
もう少し声が低いと似合うんじゃないかと思ったけど、本家もそう低音でもなかった。
布施明のが、ちょっと線が細いのかも。ま、語り明けの声が良いので、気にしない。

WHAT KIND OF FOOL AM I、なんか落ち着く。
そうそう、感情込めて歌い上げるのが布施明の持ち味の一つ。
だから、そう感情込めて歌い上げるもんでもないビートルズが、似合わないのかも。
YESTERDAYの違和感たら。感情込めすぎw←私の中では、淡々と歌うイメージの曲。

SAILOR BOYと歌う時が、いちいちセクシー。
終わり頃の、背中を向けて振り向いてからの
キュートな笑顔が、見る見る精悍な顔つきに変貌していくのは、痺れる!

マイ・ウェイが始まるのかと思ったイントロの、MY BOY
まさか、こんな熱唱曲になろうとは思いませんでしたw
熱唱後の、疲れた寂しげな表情がまた良いんだけど、すぐに熱唱が始まるw大好きw
(*。◇。)ファッ!アクロバチック集団が出てきたwなぜそこに金をかける。

半分しか動画はありませんが、本当にカワイイ回なので、
まだ未視聴の方は、すぐ見に行くことを強くお勧めします。

フェスティバルホールまで、あと3日





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
 
 mazon
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る